衆議院議員だけが代議士と呼ばれるのはなぜか

国民の選挙によって選ばれる代表者である議員は大きく2つに分けることができ、地方自治体に関わる議員と国に関わる議員です。

地方自治体に関わる議員は都道府県議会議員、市議会議員、町議会議員、村議会議員がいて、都道府県議会議員とその他の議員は二重構造になるので、それぞれ1人ずつ選ぶことになります。

また、国に関わる議員も国民全体から選ばれ、それが国会議員です。

国会議員には衆議院議員と参議院議員がいますが、そのうち衆議院議員だけが代議士とも呼ばれます。

戦前の旧憲法下では、貴族院と衆議院の二院制でした。

貴族院議員になったのは帰属議員や華族議員、多額納税者などの勅任で、国民の選挙で選ばれた人たちではありませんでした。

いっぽう衆議院議員のほうは、選挙に制限はついていましたが国民によって選ばれた代表であり、「国民を代表する」ことから衆議院議員を代議士と呼んだのです。

戦後になり日本国憲法が施行され、帝国議会は国会という名に改められ、貴族院は廃止されて、それに代わって参議院が国会の構成員となります。

衆議院議員と同じように参議院議員も国民により選ばれる国民の代表ですが、明治時代からの慣習で衆議院議員だけが代議士と呼ばれるのです。